メニュー 閉じる

【産婦人科】腹腔鏡による子宮体がん手術

2021年6月より早期子宮体がんに対する腹腔鏡下子宮全摘術を開始しました。

従来の開腹手術と比較し、傷が小さい、術後の回復が早いなどのメリットがあり、以前より身体への負担が少ない治療が行える様になりました。

子宮体がんは婦人科がんの中で最も多く、なかでも早期がんの方が多いです。早期がんではこの手術のみで治癒することが期待できます。

婦人科腫瘍専門医を中心として診療を行っておりますので、子宮体がんと診断された方・疑われた方は、どうぞ安心して当院産婦人科を受診してください。病状に応じた適切な治療を行います。

 

腹腔鏡下手術の入院期間は通常6日間です。

2021年6月現在、受診から手術までの期間は通常1ヶ月以内です。