メニュー 閉じる

病院事業管理者あいさつ

病院事務 管理者 病院長 原 義人

当院は、奥多摩渓谷が一望できる景勝の地に建ち、緑に囲まれ、四季折々に変化する美しい自然環境に恵まれております。基本理念は、「私たちは、快適で優しい療養環境のもと、地域が必要とする高度な急性期医療を安全かつ患者さんを中心に実践します」です。

基本方針としては、「清潔・親切・信頼・自立」を掲げ、患者さんに満足していただける医療の実践に日々努力しています。

西多摩地域の高度急性期医療を担う唯一の病院である当院は、その役割をしっかり果たすため、以下の重点4部門を中心に、優秀な人材並びに高度医療機器等を備えております。

まず、救急医療です。国の救命救急センターに指定され、小児も含め、主に重症から中等症の患者さんを受け入れるとともに、ヘリ救急にも対応しています。

365日、24時間の小児救急体制は当医療圏では当院のみです。

二番目はがん医療で、国の地域がん診療連携拠点病院に指定され、各部門に専門医を配置し、PET-CT等の最新高度医療機器を整備し、高度で専門的ながん診療を行っています。

三番目としての循環器疾患医療では、心臓病については2つの心臓カテーテル室を有し、狭心症、急性心筋梗塞、不整脈などの治療を行っています。また、脳梗塞治療では血管内治療にも力を入れています。

四番目は新生児・小児に対する医療です。東京都の周産期連携病院に指定され、リスクがある分娩等に対応しています。分娩数は毎年約500件あり、里帰り出産も受け入れています。

小児医療は24時間体制の救急並びに各種専門外来を実施しています。

なお新型コロナウイルス感染症へは、発熱外来を設置し、重点医療機関として、40床以上のコロナ病床を確保し診療を行っています。

令和4年4月から、当院はDPC特定病院群に入りました。DPC制度とは診療報酬の包括払い制度のことであり、日本の急性期病院の大部分がこの制度に参加しています。DPC制度では、病院を機能的に、大学病院本院群(n= 82)、DPC特定病院群(n=181)、標準病院群(n=1505)の3群に分けています。

2番目の特定病院群は、大学病院ではありませんが大学病院本院と同等の機能を持つ病院群です。診療報酬上も若干の特典があります。この特定病院群は東京都内では16病院しかありません。

今後も医療の質の向上に一層努め、地域の医療機関や施設等との連携を重視し、患者さんが安心して入院し退院できるよう努力して参ります。

令和4年6月

病院事業管理者
原 義人